検査用・治療用カテーテル類 脳血管内治療 CRM(カーディアック リズム マネージメント)
バスキュラーアクセス ヘルスケアIT製品 ­

[Multiframe DICOM PACS:Goodnet]

[DICOMビューワ]

[解析アプリケーション]

製品のお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

 Multiframe DICOM PACS:Goodnet

Goodnet

ページトップへ

Goodnet

Multiframe DICOM PACS:Goodnet

医療のIT化が急速に進み、より安全性が高く高品質な製品の提供とニーズ多様化への柔軟な対応が求められる中、GOODNET®は2000年の販売開始から既に国内350施設以上でご採用いただき、「信頼」と「実績」を築き上げてまいりました。 カーディオロジー分野で医療に貢献するグッドマンが培ってきたノウハウに更なる研究開発を重ね現場から頂いた声をカタチに次の一歩を刻みます。

 DICOMビューワ

GoodView PRO

ページトップへ

GoodView PRO

DICOMビューワ

GOODNET®に標準搭載されている高機能DICOMビューワ 「GoodView」を単体ソフトウェアとしてパッケージしました。ファイルフォーマット変換アプリケーションとして好評頂いておりました「G-Maxic Cardiology」の機能も統合し、Windows8.1にも対応することでG-Maxic Cardiologyの後継としてもパワーアップしたGoodView PROをぜひご活用ください。

販 売 名 DICOMビューワ GoodViewPRO
一般的名称 汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム(70030012)
医療機器認証番号 227ADBZX00093000
製造販売元 株式会社グッドマン

 解析アプリケーション

QAngio XA

ページトップへ

QAngio XA

統合型血管解析システム

QAngio XAは定量的冠動脈造影解析(QCA)、その他血管造影解析(QVA)、左室造影解析(QLV)を行うために開発されたシステムです。QAngio XAはこの分野で20年以上の経験を持つオランダライデン大学イメージ解析研究所とMEDIS社で共同開発されました。高精度の自動輪郭抽出アルゴリズムにより、冠動脈のファントムテストでは常に少ない誤差と高い再現性を保つと同時に、高速解析処理を実現しています。QAngio XAはDICOMビューワ機能を有しており、モダリティメーカー各社のDICOM CDから画像を取得することが可能です。また、GOODNET®との組み合わせにより、アンギオ装置から受信した画像をオンデマンドに解析可能であり、実用性に優れます。

CAAS

ページトップへ

CAAS

統合型心機能解析システム

Pie Medical Imaging社により開発されたCardiovascular Angiography Analysis System(CAAS)は、X線アンギオ像において精度と再現性の高い心臓血管定量解析ソフトウェアとして世界中で受け入れられてきました。
Pie Medical Imaging社はより信頼性の高いアルゴリズムを求め絶えまない開発を続けており、冠動脈の関心部位やセグメントにおいて正確な輪郭抽出処理を提供します。
「CAAS QCA」は20年以上もの間、主要なインターベンション研究施設や血管造影コアラボの数多くのスタディで継続して採用されています。また、GOODNET®との組み合わせにより、アンギオ装置から受信した画像をオンデマンドに解析可能であり、実用性に優れています。

販 売 名 CAAS ワークステーション
一般的名称 X線画像診断装置ワークステーション用プログラム(40935012)
医療機器認証番号 227ADBZI00122000
製造販売元 ヴォーパル・テクノロジーズ株式会社

QIvus/QOCT

ページトップへ

QIvus/QOCT

血管内エコー解析システム

QIvus/QOCTは医用画像解析の分野で25年以上の経験を持つオランダライデン大学イメージ解析研究所(LKEB)とMedis medical imaging systems社によって協同開発された定量的血管内エコー解析システムです。QIvus/QOCTは高精度な自動輪郭トレースアルゴリズムにより、短時間で血管内エコー(IVUS)画像の解析を可能としました。
また、従来のgrayscale解析機能に加え、OCT画像解析と組織性状(tissue characterization)解析機能も装備しています。

TomTec-Arena

ページトップへ

TomTec-Arena

トムテック 汎用画像解析システム

トムテック 汎用画像解析システムはTomTec Imaging Systems社によって開発された心エコー画像閲覧・解析システムです。
操作性を重視した画像閲覧機能をはじめ、装置本体と同等の精度を実現した解析機能を搭載しており、心エコーのDICOM画像管理に適したシステムです。
トムテック 汎用画像解析システムは各社エコー装置よりDICOM画像を取得することで、心エコー画像の運用に幅広い可能性を持たせることができます。

販 売 名 トムテック 汎用画像解析システム
一般的名称 汎用画像診断装置ワークステーション(70030000)
医療機器認証番号 226AABZX00184000
製造販売元 株式会社ワイディ 埼玉支社

QMass Enterprise Solution

ページトップへ

QMass Enterprise Solution

MRIイメージ心機能解析システム

QMass Enterprise Solutionは画像閲覧のワークステーションであるとともに、LV/RVのvolumetry、遅延造影、フロー等の一般的な心臓MRI解析機能に加え、perfusion、T2強調画像での浮腫定量化、心筋サルベージの計算、T1・T2・T2マッピング等さまざまな定量化ツールを兼ね備えています。
Medis medical imaging systems社はオランダ Leiden大学等との共同研究による20年以上の心臓MRI解析製品の開発経験をもち、300を超える学術論文で本製品の解析データが用いられています。